hachinoya.net[HOME]
| 長崎カリー | カレーパン| 新商品紹介 | ご注文 | Q&A | 送料等・特定商取引に関する表示 | 新着情報 |
| レストラン蜂の家 | レストランブログ | 蜂の家物語 | 会社概要 | HOME |







ジャズが流れる街で、カレーとシュークリームが産声をあげた!


1940年代、兄の平倉太刀雄は東南アジアでスパイス料理を修得し、1951年(昭和26年)長崎県佐世保市本島町にコーヒーの店「蜂の家」を 弟の田渕春雄(先代社長)と兄弟ふたりで創業しました。(写真:創業当時)日本人の味覚に合うように研究してトロミをつけた欧風カレーを創作し、この喫茶店でのお食事として出し始めました。

1953年頃、フランス料理に精通していた田渕春雄(先代社長)は、シュークリームを発売。
まだまだ甘いものの少ない時代に、バナナや焼きリンゴをいれたシュークリームに、スカッチソースをかけて食べるこのデザートはたちまち町の話題となりました。ソースをかけて食べるなんてフランス風でホントお洒落だったんです。50年前の話だから驚きでしょ?

最近では、東京池袋のテーマパーク「ナンジャタウン」に出店して「蜂の家」は有名となったので、ご存知の方も多くいらっしゃるのでは、、、、。

そして今、お客様の数多いご要望にお応えして、インターネットで「カレー」と「カレーパン」を通信販売いたします。今後ともご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

話題のシュークリームは、佐世保にお越しの際に是非お立ち寄りの上ご賞味下さいませ。

佐世保は、西海国立公園「九十九島」とハウステンボスがある街です。映画の舞台にもよくなるんですよ。最近では、村上龍原作の映画「69 sixty nine」(妻夫木聡主演)や、「釣りバカ日誌16」(西田敏行主演)など記憶に新しいところですね。
それから海上自衛隊とアメリカ海軍佐世保基地があって、通称外人バー街はアメリカ水兵さんがたくさん遊んでいます、ジャズはもちろんアメリカの最新音楽が聞こえてきますよ。







蜂の家は、佐世保で昭和26年創業のレストランです。シュークリームは、創業当初からのメニューです。当時は終戦後の食糧難で、バターや小麦粉といった食材も手に入りづらい時代だったのですが、佐世保には米軍基地があったので、比較的そうした食材が手に入りやすかったんです。当時は甘いものがあまりなくて、みんながともかく甘いものを食べたい、たくさん食べたいと思っていた頃だったので、大きなシュークリームを作ろう、ということで作りだしたものです。

カスタードクリームはラム酒の香りがしますが、やはり甘いカスタードばかりだと飽きてくるので、果物の酸味と、ソースの苦味を加えることで味に変化を持たせています。バナナと焼りんごが入っていますが、当時、バナナは高級品でしたし、りんごは九州の方にはあまりでまわっていませんでした。当時の価格は、ラーメンなら3杯食べられる価格でした。

当時は、デートに「蜂の家のシュークリームを食べに行こう!」というのがステータスだったんですよ。お店でお見合いをして結婚なさったカップルもいっぱいいらっしゃいます。長く続いているものなので、いろんな人がこのシュークリームに思い出があるんですよ。



「シュークリーム」は、フランス語でキャベツを意味する「シュー」と英語の「クリーム」を合わせた、日本オリジナルの造語です。フランス名は「シュー・ア・ラ・クレーム」。形がキャベツに似ていることから付けられた名前で"クリーム入りのキャベツ"という意味があります。

16世紀中頃、イタリアのメディチ家の王女カトリーヌ・ド・メディチが、フランスの王子アンリ二世に嫁ぎます。この時、製菓長として王女と一緒にイタリアからフランスに渡ったポプラン(Popelin)によって「パータ・シュー」(シュー生地)がフランスに持ち込まれました。その後、この生地の中身を取り出し、詰め物をした料理が生まれました。これがシュークリームの始まりであるというのが、諸説ある中で有力な定説となっています。こうして生まれたシュークリームは、以来、時を経て世界各地に広まっていきました。

●ひょうたんの謎

蜂の家のシュークリームの横にたたずむ「ひょうたん」。その容器の中には、シュークリームにかけるスカッチソース(砂糖・練乳からつくる甘いソース)が入っています。さて、なんでひょうたんなのでしょう???昭和30年(1955)当時、シュークリームをお土産にしたいというお客様にはソースを直接かけて販売していました。その後改良してソースを容器に入れることにしたのですが、あいにく醤油を入れる魚の形をしたものと、ひょうたんの形の2種類しかありませんでした。しかたなくひょうたん形を使い始めたのですが、その後変えるのが面倒くさいので当時のままになっているのが正直ホントの話です(笑)。でも、このひょうたんとシュークリームのミスマッチが蜂の家の素朴さですね。東京でも話題になりました。



シュークリームは、通信販売しておりません。
レストラン「蜂の家」でお楽しみ下さい。




話題の超巨大シュークリーム誕生秘話



蜂の家のシュークリームが大好きな母のお誕生ケーキを、シュークリームで特別につくって欲しいと訪れた女性のお願いから誕生しました。上記写真の向かって左にあるのがいつものシュークリームです。なんとその10倍!10個分の大きさで重さは約2kgです。
今ではパーティー用のシュークリームとして、お誕生会用や贈り物として大人気です。

※ご希望の方は、事前にご予約下さい。TEL.0956-24-4522




レストランのご案内

蜂の家店舗写真

蜂の家 おすすめ



シュークリームセット(お飲み物付) \650


蜂の家地図

長崎県佐世保市栄町5-9・サンクル2番館1階  TEL.0956-24-4522

営業時間 11:00〜22:00 店休日 年末年始


いつもいろんなタウン情報誌さんに取材していただき掲載されています。

ありがとうございます。

 



 

| 長崎カリー | カレーパン| 新商品紹介 | ご注文 | Q&A | 送料等・特定商取引に関する表示 | 新着情報 |
| レストラン蜂の家 | レストランブログ | 蜂の家物語 | 会社概要 | HOME |
蜂の家 〒858-0923 長崎県佐世保市日野町1123番2 TEL.0956-28-2069 FAX.0956-28-5516
Copyright©2005-2016 hachinoya.net All Rights Reserved.DesignDNS